海上保安庁の船舶

画像をクリックすると別の写真が見れます。
(写真の無断使用はご遠慮願います)


第一管区函館海上保安部
 PLH02「つがる」  「Patrol Vessel Large with Helicopter」
第三管区横浜海上保安部
 PLH22「やしま」  「Patrol Vessel Large with Helicopter」
★観閲船として入港。つがる型ネーミングシップ

総トン数:3,100t  全長:105,0m×幅:15m×深さ:8,0m  出力:15,600ps
速力:22kt  40mm単装機関銃1基  20mm単装機銃1基

昭和54年4月17日竣工
★観閲船として入港しました。PLH型としては最新の大型船で、ベル212型ヘリコプター2機搭載型巡視船です。みずほ型2番船。

総トン数:5,300t  全長:130,0m×幅:15,5m×深さ:8,8m  出力:18,200ps
速力:23kt  35mm単装機銃1基  20mm多銃身機銃1基

昭和63年12月1日竣工

海上保安庁 海洋情報部
 「HL01 昭洋」
  「Hydrographic Service vessel Large」
第三管区横浜海上保安部
 PL31「いず」  「Patrol Vessel Large」

日本の主権範囲の確定のための調査、地震予知や火山噴火予知のための調査、地球
環境問題や海洋汚染に関する調査などに対応する多目的の測量船として活躍していま
す。 
本船には、深海の海底面を面的に映像として捕らえる深海用曳航式サイドスキャンソナ
や海底火山の調査時に使用する有人・無人操縦可能な特殊搭載艇マンボウUなど最
新の機器が装備されています。台場官庁バース停泊中を遊覧船より撮影しました。 


総トン数:3,128t  全長:98,0m×幅:15,2m×深さ:7,8m  速力:18kt
平成10年3月20日竣工

★横浜にて撮影
平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の教訓を生かし、大規模災害に備えた災
害対応型巡視船「いず」を建造し、平成9年9月25日横浜海上保安部に配属されました。

総トン数:3,500t  全長:110m×幅:15m×深さ:7,5m  出力:12,000ps
速力:20kt  20mm多銃身機銃1基


■08年度東京都総合防災訓練参加の為、晴海へ来航。その写真を追加しました。

海上保安大学校(海上保安庁)
 PL21「こじま」  「Patrol Vessel Large」
第三管区東京海上保安部
 CL02「はやかぜ」  「Craft Large」
★07-10-11 11:50頃 晴海埠頭入港
PL3000トン型巡視船ですが、通常は「海上保安大学校」の練習船として任務に就いています。実習生60名分の居住区に加え各科の演習室を備えるほか、遠洋航海時のVIP来訪を考慮して船橋構造内には特別公室を設けています。
今回の晴海入港で一度着岸したのですが、バースが違うとの事でバタバタとし、30分位でバースシフトしてました。

総トン数:3166t  全長:115.2m×幅:14.0m×深さ:7.3m   出力:8000PS
速力:約18kt

★中国艦艇の入港により海上監視を行ってる所を撮影しました。いそかぜ型2番船。 東京湾横断道路(アクアライン)の建設工事における現場海域の警備用に計画された巡視艇。

総トン数:18t  全長:17,0m×幅:4,0m×深さ:2,0m   出力:900PS
速力:約20k
t